公立福生病院について

病院理念 公立福生病院は、患者さんに信頼され親しまれる病院を目指しています。

病院の基本方針

患者中心の医療

患者さんと職員が相互の信頼に基づく対等な立場で医療を進めていけるように、診療情報の提供を行い、幅広い意見の受入れや相談窓口等、医療の質のみならず病院が提供する全てのサービスに満足してもらえるよう、多様な施策に取り組みます。その上で信頼関係をより充実させ、多様化・高度化する患者さんのニーズに応えていきます。
そのためにも、患者さんが安心して医療を受けられるようリスク管理強化システムの推進等、サービスの一層の充実に努めます。

救急医療の推進

二次救急医療を担う病院として、住民の安心した暮らしを支えるため、地域医療機関や救急隊との連携強化により、24時間・365日の救急医療体制をより充実させていきます。また、災害拠点病院として、災害時に備えた体制整備を図るとともに、地域の医療機関との連携と支援に努めます。

医療水準の維持向上

急性期医療の領域において、安全で信頼される質の高い医療を提供するために、チーム医療をより推進させ、医療の質の標準化・専門医療の強化・根拠のある医療の実践に努めます。

職員満足の向上

当院で働く職員の仕事に対する意欲と愛着を高めるため、一人ひとりのキャリア形成を支援し、人材価値を高めることができる育成環境の醸成に取り組みます。併せて、健康で快適に働ける職場環境の整備に取り組みます。

経営基盤の確立と安定化

安定した経営の維持を図るために、財務状況の適正化を進めます。さらに、病院を取り巻く外部環境の変化に応じられる、柔軟性のある経営体制の見直しと対応力の強化を図ります。そして、職員全員がコスト意識を持って増収努力と支出抑制に取り組みます。

患者憲章 この憲章は、患者の権利に関する世界医師会リスポン宣言を参考にしています。

患者の権利・義務憲章

権利

・患者さんは、医療を受けるにあたり、一人の人間として尊重される権利があります。
・患者さんは、良質で安全な医療を公平に受ける権利があります。
・患者さんは、病状と経過、検査や治療内容などについてわかりやすい言葉で説明を受ける
   権利があります。
・患者さんは、十分な説明と情報に基づき自らの意志で医療内容を選ぶ権利があります。
・患者さんは、治療や診断について開示を求める権利があります。また必要に応じて他の医師の
   意見を求める権利があります。
・患者さんの診療上得られた個人情報やプライバシーは、守秘される権利があります。
・患者さんは、研究上にある医療に関し、目的や危険性などについて十分情報提供を受けた上で、
   それを受けるかどうか決めることと、いつでも中止を求める権利があります。

義務

・患者さんは、医療提供者に自分の健康に関する情報を正確に知らせる義務があります。
・患者さんは、快適な環境で療養生活を送るために病院で定められた規則を守る義務があります。