公立福生病院指標

閲覧ブラウザによってはページの表示が遅くなる場合がございます。 もし時間が経っても表示されない場合はページの更新をお試し下さい

平成29年度 公立福生病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分0~10~20~30~40~50~60~70~80~90~
患者数2898912415831741899415111050212
平成29年4月から平成30年3月までの退院患者数を10歳ごとの年齢階級別に示しています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
040081xx99x00x誤嚥性肺炎手術なし手術・処置等2なし副傷病なし5128.5520.8313.7383.80 
040040xx99040x肺の悪性腫瘍手術なし手術・処置等1なし手術・処置24あり副傷病なし3913.2811.990.0072.03 
040110xxxxx0xx間質性肺炎手術・処置2なし3723.0319.6510.8174.38 
040040xx9910xx肺の悪性腫瘍手術なし手術・処置等1あり手術・処置2なし315.483.590.0074.97 
0400801499×001肺炎等(市中肺炎等かつ75歳以上)手術なし手術・処置等2なし副傷病なしA-DROPスコア11918.0513.515.2682.47 
介護施設から紹介の誤嚥性肺炎が最も多く次いで肺がんの化学療法や緩和治療入院が多くなっています。
腎センター
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
110280xx99020x慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全手術なし手術・処置等1なし手術・処置等2あり副傷病なし277.118.973.7069.44 
110280xx99000x慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全手術なし手術・処置等1なし手術・処置等2なし副傷病なし2315.3912.238.7072.70 
110280xx02x1xx慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全動脈形成術、吻合術その他の動脈等手術・処置等21あり1157.7336.380.0066.09 
110260xx99x0xxネフローゼ症候群手術なし手術・処置等2なし826.5022.1212.5062.25 
110280xx99010x慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全手術なし手術・処置等1なし手術・処置等21あり副傷病なし829.0014.5512.5065.63 
腎炎から移植の紹介までを含む総合的な腎臓病の診療を実践しています。
腎不全に対する代替療法は非導入、血液透析、腹膜透析、移植の4つの選択を提示し、患者とその家族に決定していただくように行っています。
循環器内科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
050050xx02000x狭心症、慢性虚血性心疾患経皮的冠動脈形成術等手術・処置等1なし、1,2あり手術・処置等2なし副傷病なし894.044.620.0069.96 
050130xx99000x心不全手術なし手術・処置等1なし手術・処置等2なし副傷病なし6624.9217.714.5577.15 
050050xx99100x狭心症、慢性虚血性心疾患手術なし手術・処置等11あり手術・処置等2なし副傷病なし643.133.030.0071.92 
050130xx99020x心不全手術なし手術・処置等1なし手術・処置等22あり副傷病なし1331.3824.7715.3878.69 
050210xx97000x徐脈性不整脈手術あり手術・処置等1なし1,3あり手術・処置等2なし副傷病なし138.6911.210.0078.85 
動脈硬化性疾患(虚血性心疾患、末梢動脈疾患)、心不全、弁膜症、心筋疾患、不整脈、高血圧、肺梗塞、静脈血栓症などの循環器疾患全般の急性期診断と治療を中心に行っています。
虚血性心疾患の検査・治療件数は横ばいであるが、心不全の患者数が増加傾向となっています。
小児科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
140010x199x00x妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生)369.446.1811.110.00 
040090xxxxxx0x急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他)副傷病なし347.355.940.000.62 
040100xxxxx00x喘息手術・処置等2なし副傷病なし237.266.320.001.39 
080270xxxx0xxx食物アレルギー手術・処置等1なし131.462.540.002.92 
150010xxxxx0xxウイルス性腸炎手術・処置等2なし135.155.500.004.46 
分娩増加に従い低出生体重児の管理が増加しています。
気管支炎や腸炎のほか食物アレルギー疾患による負荷試験での症例がこの1年間で増加しました。
外科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
060035xx01000x結腸(虫垂を含む)の悪性腫瘍結腸切除術全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等手術・処置等1なし手術・処置等2なし副傷病なし3614.3315.610.0070.11 
060340xx03x00x胆管(肝内外)結石、胆管炎限局性腹腔膿瘍手術等手術・処置等2なし副傷病なし348.2610.610.0073.24 
060150xx03xxxx虫垂炎虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等336.305.560.0039.15 
060330xx02xxxx胆嚢疾患(胆嚢結石など)腹腔鏡下胆嚢摘出術等315.356.640.0055.90 
060335xx02000x胆嚢水腫、胆嚢炎等腹腔鏡下胆嚢摘出術等手術・処置等1なし手術・処置等2なし副傷病なし296.387.400.0058.93 
胃がん、大腸がん、食道がん、乳がん、肝胆膵がん等のがん治療を行っているほか胆嚢結石、ヘルニア、虫垂炎の治療も多く行っています。
整形外科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
160800xx01xxxx股関節大腿近位骨折人工骨頭挿入術肩、股等7953.8727.0931.6583.97 
070343xx99x1xx脊柱管狭窄(脊椎症を含む。)腰部骨盤、不安定椎手術なし手術・処置等21あり584.952.930.0073.05 
160690xx99xx0x胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。)手術なし副傷病なし5039.8419.9416.0076.82 
160760xx97xx0x前腕の骨折手術あり副傷病なし427.435.210.0059.05 
160700xx97xx0x鎖骨骨折、肩甲骨骨折手術あり副傷病なし356.375.540.0048.77 
高齢者の骨脆弱性骨折が多くなっています。
脳神経外科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
010060×2990401脳梗塞(脳卒中発症3日以内、かつ、JCS10未満)手術なし手術・処置等1なし手術・処置等24あり副傷病なし発症前RankinScale0,1又は25122.1016.3825.4970.67 
010040x099x00x非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満)手術なし手術・処置等2なし副傷病なし2636.4219.1038.4671.19 
160100xx97x00x頭蓋・頭蓋内損傷その他の手術あり手術・処置等2なし副傷病なし2419.219.6812.5077.17 
010060×2990411脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満)手術なし手術・処置等1なし手術・処置等24あり副傷病1あり発症前RankinScale0,1又は22024.5018.3435.0076.75 
030400xx99xxxx前庭機能障害手術なし144.715.150.0074.14 
脳梗塞、脳出血の治療症例が多く、手術を要した慢性硬膜下血腫症例も多く行っています。
また、脳腫瘍、頭部外傷、機能性疾患の治療も行っています。
皮膚科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
080007xx010xxx皮膚の良性新生物皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等手術・処置等1なし125.424.140.0046.33 
080011xx99xxxx急性膿皮症手術なし1115.6411.730.0055.36 
080020xxxxxxxx帯状疱疹97.788.950.0065.89 
020230xx97x0xx眼瞼下垂手術あり手術・処置等2なし75.293.290.0073.57 
080006xx01x0xx皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外)皮膚悪性腫瘍切除術等手術・処置等2なし65.508.500.0073.33 
毎週金曜日は形成外科の診療が行われており、眼瞼下垂の治療にも力を入れています。
泌尿器科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
110070xx0200xx膀胱腫瘍膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術手術・処置等1なし手術・処置等2なし797.627.310.0072.59 
11012xxx020x0x上部尿路疾患経尿道的尿路結石除去術等手術・処置等1なし副傷病なし656.755.751.5460.26 
110420xx97xx0x水腎症(その他)その他の手術あり副傷病なし426.605.179.5271.86 
110070xx99x20x膀胱腫瘍手術なし手術・処置等22あり副傷病なし1510.2711.310.0069.00 
11001xxx01x0xx腎腫瘍腎(尿管)悪性腫瘍手術等手術・処置等2なし1413.9312.300.0066.71 
腎、尿管、膀胱をはじめとした悪性腫瘍や尿路結石の症例が多くなっています。
産婦人科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
120060xx01xxxx子宮の良性腫瘍子宮全摘術等1310.389.910.0042.77 
120140xxxxxxxx流産101.602.430.0033.80 
120170xx99x0xx早産、切迫早産手術なし手術・処置等2なし618.3320.4133.3329.33 
120070xx01xxxx卵巣の良性腫瘍卵巣部分切除術(膣式を含む。)開腹によるもの等510.6010.270.0056.60 
120050xx01x0xx絨毛性疾患、胞状奇胎除去術等手術・処置等2なし41.002.420.0038.50 
産科疾患及び主に婦人科の良性腫瘍や子宮内膜症の治療を中心として行っています。
眼科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
020220xx97xxx0緑内障手術あり片側375.328.510.0069.27 
020290xx97xxxx涙器の疾患手術あり145.214.910.0068.43 
020230xx97x0xx眼瞼下垂手術あり手術・処置等2なし42.253.290.0077.00 
020110xx97xxx0白内障、水晶体の疾患手術あり片側36.002.850.0073.00 
020250xx97xxxx結膜の障害手術あり23.003.300.0071.50 
入院治療患者の大多数は白内障手術患者で、緑内障手術、涙道手術等を多く行っています。緑内障、涙道手術患者の増加は元々近隣の施設より紹介患者が多かったので、1日の手術可能件数を増やし、なるべく当院でできるよう努力しています。
耳鼻咽喉科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
030440xx01xxxx慢性化膿性中耳炎・中耳真珠腫鼓室形成手術135.008.900.0046.23 
030425xx97xxxx聴覚の障害(その他)手術あり15.008.820.0064.00 
        
        
        
昨年同様に慢性化膿性中耳炎等「耳」の疾患が多くなっています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
 初発再発病期分類
基準(※)
版数
Stage IStage IIStage IIIStage IV不明
胃癌415131512517
大腸癌231334857517
乳癌342514241917
肺癌410277050017
肝癌134471517
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
5大がんとは、発症症例数が多いとされる胃がん、大腸がん、肝臓がん、肺がん、乳がんのことをいいます。UICC(国際対がん連合)が定めた腫瘍の病期分類でありT(原発腫瘍の拡がり)、N(所属リンパ節転移の有無と拡がり)、M(遠隔転移の有無)を評価しています。この指標でがんの進行度と拡がりの程度を一度に表すことが出来るように作られたものがstage分類です。
胃がん、大腸がんの早期がんの一部は内視鏡治療を行っています。また、がんの病気や患者さんの全身状態に応じて術前又は術後化学療法などを含めた集学的治療を行っています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
 患者数平均
在院日数
平均年齢
軽症1210.9253.08
中等症5218.0677.83
重症930.1183.67
超重症451.0081.50
不明00.000.00
重症度と平均在院日数は相関しており、また、高齢者は重症、超重症が多い傾向にあります。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から患者数平均在院日数平均年齢転院率
3日以内15333.5475.0641.77
その他540.2078.800.63
脳梗塞とは、脳に栄養を与える動脈の閉塞、又は狭窄のため脳虚血を来し、脳組織に酸素、栄養が不足し壊死または壊死に近い状態になることをいいます。
当院ではt-PA静注療法(血栓を溶かす治療)・血栓回収術(血栓をカテーテルで吸引する治療)を積極的に行っています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K386気管切開術1532.5358.4733.3376.87 
K7211内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満))124.833.830.0068.67 
K6182中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他)815.6352.7512.5074.38 
K7212内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上)51.003.600.0073.80 
K616-4経皮的シャント拡張術・血栓除去術417.507.7525.0075.75 
呼吸不全の治療による人工呼吸器の為の気管切開が多くなっています。埋込み型CVカテーテル設置や 消化管内視鏡による内視鏡的粘膜切除術については主に外科で行っています。
腎センター
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K610-3内シャント又は外シャント設置術1128.5532.550.0066.36 
K616-4経皮的シャント拡張術・血栓除去術83.507.5012.5070.88 
K6147血管移植術、バイパス移植術(その他の動脈)710.7136.860.0068.14 
K501-2胸腔・腹腔シャントバルブ設置術122.0012.000.0052.00 
        
透析患者にとってアクセストラブルは大きな問題であるため、当センターではいかにアクセスの開存率をあげるかに努力をはらっています。
アクセスの状態に応じた定期的なフォローを行う事により、トラブル頻度はかなり低減し開存率は高率を維持しています。
循環器内科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K5493経皮的冠動脈ステント留置術(その他)753.071.390.0069.84 
K5972ペースメーカー移植術(経静脈電極)121.007.080.0076.08 
K5463経皮的冠動脈形成術(その他)100.801.100.0065.70 
K616四肢の血管拡張術・血栓除去術91.891.330.0071.11 
K5492経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症)40.009.750.0060.50 
主に冠動脈カテーテル治療(PCI)、閉塞性動脈硬化症(末梢動脈疾患)に対するカテーテル治療(PTA)を積極的に行っています。さらに徐脈性不整脈に対してはペースメーカー移植術やペースメーカー交換術を専門医が行っています。
外科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K634腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側)671.182.450.0061.57 
K672-2腹腔鏡下胆嚢摘出術601.934.050.0057.43 
K6871内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみのもの)440.846.662.2771.75 
K4763乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わない)391.006.440.0060.87 
K718-21腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの)330.305.000.0039.15 
鼠径ヘルニア、虫垂炎、胆嚢結石、胆嚢炎だけではなく、大腸がん、胃がん、食道がんに対しても胸腔鏡、腹腔鏡などの鏡視下手術を多く行っています。
手術件数の詳細は外科のホームページをご覧下さい。
整形外科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K0461骨折観血的手術(肩甲骨、上腕、大腿)694.4239.7218.8474.80 
K0821人工関節置換術(肩、股、膝)574.8830.285.2670.81 
K0462骨折観血的手術(前腕、下腿、手舟状骨)512.3714.040.0064.94 
K0811人工骨頭挿入術(肩、股)416.9549.8829.2785.02 
K1425脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓切除)344.0322.260.0071.00 
高齢者の骨脆弱性骨折と当院の特色である人工関節手術、脊椎手術が多くなっています。
脳神経外科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K164-2慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術200.2024.1525.0080.45 
K1771脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所)5

0.60

38.6040.0062.40 
K1643頭蓋内血腫除去術(開頭)(脳内)41.5038.0050.0068.25 
K1692頭蓋内腫瘍摘出術(その他)36.3362.6733.3371.67 
K1742水頭症手術(シャント手術)36.3359.000.0084.67 
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術では、局所麻酔により穿頭し血腫を洗浄排液する治療を行っています。
皮膚科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K2191眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法)70.004.290.0073.57 
K0072皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除)60.174.330.0073.33 
K0062皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外(長径3cm以上6cm未満))50.001.800.0052.20 
K0064皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外(長径12cm以上))31.006.670.0047.67 
K0052皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部(長径2cm以上4cm未満))21.004.000.008.00 
毎週金曜日は東京医科歯科大学病院より形成外科医師の派遣をしていただき診療と手術を行っています。
泌尿器科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K783-2経尿道的尿管ステント留置術670.904.885.9768.16 
K7811経尿道的尿路結石除去術(レーザー)651.064.691.5460.26 
K8036ロ膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他のもの))451.025.580.0073.18 
K8036イ膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの)391.445.080.0070.69 
K773-2腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術182.2214.610.0069.61 
症例数と同様に膀胱がんや腎・尿管がんをはじめとした悪性腫瘍や、腎・尿管などの尿路結石の手術症例を多く行っています。
産婦人科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K867子宮頸部(膣部)切除術131.001.000.0039.92 
K877子宮全摘術131.009.000.0049.62 
K9091流産手術(妊娠11週まで)80.500.000.0035.25 
K861子宮内膜掻爬術70.000.290.0048.86 
K8881子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(開腹)41.008.500.0053.75 
帝王切開以外の手術では、主に良性疾患の開腹術や子宮頸部上皮内腫瘍に対する円錐切除術が増加しています。
眼科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K2821ロ水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの)2731.001.400.0075.50 
K2683緑内障手術(濾過手術)231.003.740.0068.00 
K204涙嚢鼻腔吻合術121.003.250.0073.50 
K2682緑内障手術(流出路再建術)111.003.000.0070.55 
K2231結膜嚢形成手術(部分形成)40.252.000.0074.25 
入院患者では白内障手術が最も多く前年度よりも増加しました。緑内障手術はトラベクレクトミーの他に術式を改良したトラベクロトミーを行うようにし、濾過胞ニードリングも必要に応じて行っています。涙嚢鼻腔吻合術は従来の鼻外法から顔面の皮膚を切開しない鼻内法へ変更しました。
耳鼻咽喉科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K319鼓室形成術141.003.000.0047.50 
        
        
        
        
鼓室形成術も月1回以上行っています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC傷病名入院契機症例数発生率
130100播種性血管内凝固症候群同一10.02
異なる160.31
180010敗血症同一90.17
異なる90.17
180035その他の真菌感染症同一10.02
異なる30.06
180040手術・処置等の合併症同一250.48
異なる110.21
その他の指標は「播種性血管内凝固症候群」「敗血症」「その他の真菌症」「手術・処置後の合併症」の傷病名の医療の質の改善を資するため、臨床上全く発症しないとは言えない疾患であり、少しでも改善すべきものとし、その傷病名の発生率を把握するために、最も医療資源を投入した傷病名が「播種性血管内凝固症候群」「敗血症」「その他の真菌症」「手術・処置等の合併症」入院契機病名「入院治療が必要と判断する結果となった疾患」と同一傷病名が異なるかで集計しています。同一傷病名と異なる区別した各症例数の全退院患者数に対する発生率を示しています。
更新履歴