外来診療・各部門のご案内

医療技術部 リハビリテーション技術科

理学療法(PT)

病気、けが、寝たきり、障害などによって運動機能が低下した状態にある人々に対し、運動機能の維持・改善を目的に運動、温熱、電気、水、光線などの物理的手段を用いて行う治療法です。

作業療法(OT)

病気や事故により社会・日常生活が困難な人、身体・精神に障害のある人に対し、様々な作業活動を治療として用いて、自立した生活を支援します。主に巧緻性、日常生活動作、上肢運動機能、高次脳機能の向上を目的として行うリハビリテーションです。

言語聴覚療法(ST)

言語機能・聴覚機能障害、失語症などの高次脳機能障害、摂食・嚥下機能低下などに対して行う治療で、主としてコミュニケーション機能の向上を目的とします。

当院における現状

①急性期の病院として、入院患者を中心に、リハビリテーション専門医による診察を実施、その処方に基づき、適切かつ専門的なリハビリテーションを早期より実施。
②対象疾患は、骨・関節疾患、外傷、脳血管疾患を中心に、呼吸器疾患、外科的手術後の廃用症候群など多岐にわたり、定期的なカンファレンスを行い、必要に応じて多職種と連携を図りながら診療を進めております。
③また、院内の各専門チーム(栄養サポートチーム、呼吸療法サポートチーム、セーフティーマネージメントチーム、院内感染対策チーム 等)に積極的に参加しております。

施設基準

脳血管疾患等リハビリテーション料(Ⅱ)
廃用症候群リハビリテーション料(Ⅱ)
運動器リハビリテーション料(Ⅰ)
呼吸器リハビリテーション料(Ⅰ)
がん患者リハビリテーション料

スタッフ