外来診療・各部門のご案内

医療技術部 臨床工学科

臨床工学技士とは

臨床工学技士は、医療機器の専門医療職です。病院内で、医師・看護師や各種の医療技術者とチームを組んで、生命維持装置の操作などを担当しています。また、医療機器が何時でも安心して使用できるように保守・点検を行っており、安全性確保と有効性維持に貢献しています。

当院における現状

①ME業務として、医療機器の安全性、信頼性を維持し、効率的で安全な医療を提供することを目的として、医療機器の保守、点検業務、立会い等を行っている。
②呼吸ケアチームが発足し、医師・看護師・理学療法士とともに人工呼吸器離脱を目指し、チーム医療の一員として安全な医療を提供する。

業務内容

① 血液浄化業務
 ・血液透析・オンライン血液透析濾過(On-lineHDF)
 ・持続緩徐式血液濾過透析(CHDF)
 ・血漿交換および血漿吸着
 ・吸着式血液浄化法(エンドトキシン吸着・白血球除去療法LCAP)
 ・腹水濾過濃縮再静注療法
 *症例に合わせ、上記のような血液浄化療法を施行している。

② ME業務
午前・午後それぞれに院内の巡回を行い、返却となった管理機器を回収し、それをME室にて点検する。機器貸し出しは、随時電話にて受け付けている。その他、定期点検は点検計画書に基づき、それぞれの時期に行っている。また、管理機器のバッテリ交換や修理、不具合も随時対応している。管理機器は、電子カルテ内PD-sideのME業務で管理している。機器の貸し出しや、ME室在庫や貸し出し・返却時期・外注修理内容などがわかる。

③ RFA
対象疾患の患者さんに対して、医師の指示のもと随時行っている。ラジオ波を照射するCool-tipとポンプの操作・保守点検・電極管理を行っている。

④ ペースメーカ
循環器外来にて、恒久的にペースメーカを移植している患者さんに対し、最低半年に1回はバッテリや心電図、電極リード抵抗などを測定して、移植後の管理を行っている。必要に応じて手術前後のペースメーカチェック設定変更も行っている。

⑤ 心臓カテーテル検査
水曜日と木曜日の午後に行っている。緊急時には随時対応している。ポリグラフ・IABP・除細動器・IVUS・体外式ペースメーカなどの操作・カテ出し・保守点検などを行っている。

⑥ 脳神経外科 血管撮影
月曜日と火曜日の午後行っている。緊急時には随時対応。

⑦ 手術室業務
医療機器管理や電気メス・輸液ポンプ・シリンジポンプ点検、および修理対応を行っている。また、脳外科ナビゲーションシステム操作を行っている。

⑧ 呼吸ケアチーム
医師・看護師・理学療法士とともに、人工呼吸器離脱を目指しラウンドを行っている。

診療スタッフ

6名体制