外来診療・各部門のご案内

病理診断科

診療案内

病理診断科では、患者さんの一部から診断の目的で採取(生検と呼ばれます)された小組織片や細胞、手術によって切除された臓器、喀痰や尿などの分泌物・排泄物から、組織診断や細胞診断を行い、炎症や癌の有無、病気の原因などを調べます。癌の早期発見に重要な検査であり、また治療薬の選択を含め、治療方針の決定にも大きく関与する部門です。

病理組織学的検索

病理組織検査

病理組織診断は次の3種類に分かれます。

①生検組織による診断: 診断を目的として切除された小さな組織片(生検材料)に対して、病理組織診断を下します。口腔粘膜、食道、胃、大腸、肺、肝臓、腎臓、膀胱、前立腺、子宮(頚部・内膜)、皮膚など全身の諸臓器・組織が対象となります。

②手術材料による診断: 生検組織による診断の後、治療の目的で外科的に摘出された組織や臓器の病理組織診断を行います。

③術中迅速診断: 手術中に病変の一部や切除断端より得られた小組織片に対して、凍結後に組織標本を作製し、悪性病変の有無や病変の拡がりを調べます。

病理組織学的検索

細胞診検査

細胞診とは、病変部より様々な方法で採取された細胞や、検診時に採取された細胞の一つ一つを顕微鏡で観察し、悪性細胞あるいは悪性の疑いのある細胞などを検出する検査です。 細胞診は以下に分類されます。

①剥離細胞診:喀痰や尿など、それぞれの組織より剥離した細胞を対象とします。

②擦過細胞診:病変部の表面を綿棒やブラシなどで擦過して、細胞を採取します。

③穿刺吸引細胞診:直接病変部に針を刺し吸引することによって、細胞を採取します。

④捺印細胞診:病変部より直接捺印(スタンプ)することによって、細胞を採取します。

病理組織学的検索

診療実績

認定資格

診療スタッフ