外来診療・各部門のご案内

プリセプター・プリセプティー

先輩からのメッセージ

全員参加型プリセプターシップにより、
新人看護職員を完全サポート。専門・認定看護師等へとステップアップするためのバックアップ態勢も万全です。

全員参加型プリセプター制度の導入

患者さんの命や健康に直結する看護の臨床では、毎日が緊張の連続です。様々な状況の中から、必要な情報を選択して判断する。そして、行動を起こさなければなりません。
看護の仕事について学んでこられた新人ナースが、スムーズに職場の環境に対応し、自己能力を発揮できるよう全員参加型プリセプターシップを導入しています。
少しだけ新人より経験があるプリセプターのとっさの対応などを通して、看護を身近なものとして身につけていけるようお手伝いをします。職場では師長・主任をはじめプリセプターを支える体制もとっています。

5階 東棟勤務 プリセプター 内田 有香

puriseputa

プリセプター 内田 有香

私たちの病棟では、内科的な処置を実施したり、時には手術出しをすることもあります。その分覚える知識や習得する技術も多いため、技術チェックリストを用いてエビデンスに基づいた安全な看護が提供できるように取り組んでいます。一日の終わりには、プリセプティと先輩で一日の振り返りをする時間を作っています。振り返りでは、その日に学んだことや今後の課題を一緒に考え、一人一人が自分のペースに合った成長の段階をイメージできるように努めています。また、慣れない環境下で働くプリセプティの精神面でのサポートもできるように、病棟スタッフ全員が積極的にコミュニケーションを取り、相談のしやすい雰囲気作りを心掛けています。

プリセプターとして指導をする中で、更に根拠をつきつめて学習をしたり、看護についても振り返ることで、自分自身の成長にも繋がると感じました。

 

5階 東棟勤務 プリセプティー 櫻井 万莉

puriseputhi

プリセプティー 櫻井 万莉

私が勤務する5階東棟は、内科・眼科・歯科口腔外科の混合病棟です。この病棟では、急性期・慢性期・ターミナル期などの幅広い知識が必要とされ、患者様の疾患も多岐にわたります。毎日様々な技術を経験し、覚えることも沢山あるため、はじめは不安や戸惑いもありました。その中で、プリセプターから1つ1つの手技や処置の指導を受け、1人で出来るようになるまで見守ってもらいました。また、毎日ペアの先輩と振り返りを行い助言を受けることで、少しずつ自信を持って日々の看護を行っていくことが出来るようになりました。

入職した当初は慣れない環境の中で看護師としてやっていけるか不安でしたが、病棟の先輩方は優しく、疑問や悩みの相談にも乗ってくれるため、そんな不安もすぐになくなっていました。

プリセプターをはじめとする病棟全体のサポートがあるお陰で忙しい中でも笑顔で働くことが出来ていると思います。これからも先輩方のご指導のもと患者様と関わり学びを深めていきたいと思います。