外来診療・各部門のご案内

教育理念・研修制度・教育・研修風景 自立した専門職としての成長を支援します。

教育方針

  1. 1. 対象者は看護部に所属する全職員とする。
  2. 2. 集合研修(OFFJT)と職場内研修(OJT)を連動させる。
  3. 3. 専門職として自律できるよう支援する。
  4. 4. 専門的能力(専門・認定看護師・その他の資格)の育成と能力を発揮できる環境を整える。
  5. 5. 社会の変化に対応でき、組織づくりに積極的に参加できる職員を育成する。

教育目的

  1. 1. 専門職としての知識・技術を修得し、質の高い看護実践ができる。
  2. 2. 個々の能力を高め、チームの一員としての役割を果たすことができる。
  3. 3. 自らが目指す看護師像に向かって看護を探求する事ができる。
  4. 4. 経済性を考慮した行動をとることができる。

研修内容・制度

看護師一人ひとりの成長段階に応じて能力開発できるよう、きめ細やかな支援体制が整っています。

●卒後1年間は看護部全スタッフによる「全員参加型プリセプター制度」で支援し、指導や相談を受けていきます。
●2年目以降は認定看護師・外部講師による教育プログラムに参加していきます。
こんな看護がしたい・目指したいをモットーに、自由選択の研修があり、認定看護師等を講師に、看護の探求とキャリアアップを目指すことができます。