外来診療・各部門のご案内

医療技術部 栄養科

栄養科案内

基本方針

○患者さんの個々に適した『安全』で『美味しい』食事の提供を目指しています。
  ・患者さん個々の疾病に合わせた治療の食事や、栄養バランスを整えた食事を提供しています。
  ・衛生面を管理し、安全な食事を提供しています。
  ・患者さんの嗜好をふまえた、美味しい食事提供を心がけています。
○分かりやすく実践可能な栄養指導の実施を心がけています。
  ・今までの食事摂取内容を伺い、見直せそうな事柄から取り組めるように話しています。
○チーム医療への参画に励んでいます。
  ・他職種と連携し、低栄養状態の患者さんに適切な栄養管理を図り、治療効果を高めています。
○専門性の追求を行っています。
  ・栄養に関する専門性を学び、深めています。

病院の食事

1,食事の種類
(1)治療食以外で、栄養バランスの整った食事の提供をしています。(食事の名称:一般食)
 ・食事の栄養基準は、健康増進法(平成14年法律第103号)第30条の2に基づき定められた、
    食事摂取基準という数値を用いて提供しています。
 ・選択メニュー
    食事の名称で、一般2000常菜、一般1800常菜、一般1600常菜、一般1400常菜、一般1600
  粥菜、一般1300粥菜をお召し上がりの患者さんには、週3回(月・水・金曜日)の昼食と夕食に
  メニューを2種類用意しています。お好きなメニューAまたはBをお選びいただけます。
  選択メニューの実施は、ベッドサイドの端末(アメニティ画面)をご利用下さい。(無料)

(2)病状・治療に対応させた、栄養バランスの整った食事を提供しています(食事の名称:治療食)
 ・生化学検査値、疾患状態、学会のガイドラインを考慮した食事を提供しています。
 ・食事を栄養素等で分けています。
    エネルギーコントロール食、脂質コントロール食、たんぱく質コントロール食、塩分6g制限
    食、鉄強化食、栄養強化食、易消化食、低残渣食、消化管術後食、嚥下食、食欲不振食等。


 ≪一般2000常菜(2000kcal/日)の1食例≫

    HP元旦写真

2,その他
(1)食事時間:8病棟順次配膳します。 朝食午前7:30~、昼食12:00~、夕食午後6:00~
(2)食事は2週間サイクルのメニューにて提供しています。
(3)食事には毎食、カトラリー(箸・スプーン)とお茶を付けています。
(4)毎月1回程度、メッセージカードを添えて、季節の食材を用いた行事食をご用意しています。
(5)低栄養及び食欲不振時には、患者さんに栄養管理の計画を立てて、栄養状況の改善に
        努めています。
(6)産後の患者さんには祝い膳を提供しています。

   HP祝膳写真

栄養食事指導

1, 栄養食事指導…患者さんが「今までの食生活を振り返り・見直し、病状に合わせた食事の
     とり方を学ぶ」ためのお手伝いをさせていただきます。
     肥満、糖尿病、高血圧及び脂質異常症の生活習慣病のほか、心疾患、腎疾患、肝疾患、
     手術後等など必要な患者さんに行っています。

  (1)医師の受診が必要です。
  (2)予約制です。
  (3)入院・外来にて実施しています。
  (4)指導日:月~金曜日の9:00-17:00の間
  (5)指導時間:1回30分前後かかります。
  (6)指導回数:患者さんに応じています。
  (7)指導場所:①入院 病棟へ管理栄養士が伺います。
  ②外来 1階相談室
  ③外来 3階腎センター相談室

○患者さんのライフスタイルに合わせ、食生活の改善につながる相談および指導をしています。
   栄養食事指導の最も大きな特徴は、完全なる個別性にあります。各々のライフスタイルや家族
   構成、嗜好に合わせ、現実可能な範囲で、科学的根拠に則った最も効果的な方法を模索し、
   提案していきます。
   一日3回食事を摂る一般的なライフスタイルならば、年間1095回もの、30年ならば32850回の
   食事をする計算になります。食事が大切だと言われる大きな一つの理由は、ここにあるのでは
   ないでしょうか。現在の食事内容に少しでも不安や疑問があれば、一度受けられることを
   おすすめします。

栄養サポートチーム

<NST>とは Nutrition Support Team 栄養サポートチームの略です。
栄養は、疾病の改善や毎日の活動エネルギーとしてとても大切です。
疾病の特性や治療の方法・程度により、食欲が低下したり体重が減少したりすることがあります。このような状況に対して、体力や疾病の回復が遅れないよう、多職種がチームで患者さんの栄養状態の改善に取り組んでいます。
当チームはTNT(Total Nutritional Therapy)取得の外科医がチームリーダーとなり、皮膚科医師1名、看護師1名、薬剤師(NST専門療法士)1名、管理栄養士(NST専門療法士)1名、臨床検査技師2名、理学療法士(NST専門療法士)1名、言語聴覚士1名、歯科衛生士1名で構成され、栄養サポート専門療法士を取得した管理栄養士が専従となり、患者さんの栄養サポートに取り組んでおります。