外来診療・各部門のご案内

薬剤部 薬剤科

常勤薬剤師16名とSPD4名と事務員2名により、薬剤業務を実施しています。外来の院外処方せん発行率は96%程度となり、入院処方、注射薬調剤(セット)、抗がん剤のミキシング、服薬指導、病棟業務、手術・検査前休止薬確認を主な業務として行っています。

調剤室は、処方監査システム、薬袋印字システム、全自動錠剤分包機、散薬・水薬監査システム、全自動散薬分包機、自動注射薬払出システムが導入され、調剤や全病棟の注射薬調剤(セット)の業務が効率化しました。

外来・入院化学療法薬のミキシングを実施しています。

服薬指導は対象病棟で病棟業務と兼務で実施しています。

DI業務は医薬品情報システムを導入し、全医薬品の添付文書を院内端末に配信しています。

薬品管理業務は、物流システムにより医薬品の受け払いを実施しています。

栄養サポートチーム(NST)、院内感染対策チーム(ICT)、抗菌薬適正使用支援チーム(AST)に専任を置いています。

治験業務は、薬剤部内の治験室に事務局を置き、事務局担当薬剤師1名とSMOで実施しています。

薬学部5年生の実務実習を受け入れています。