外来診療・各部門のご案内

診療部 小児科

診療案内

当科では、肺炎・気管支喘息・急性胃腸炎など一般的な小児急性疾患のほか、特に腎臓疾患に力を入れています。都立小児総合医療センター腎内科と情報交換などを継続的に行っており、腎臓疾患に関しては、院内でほとんどの検査が月齢年齢を問わず可能です。
放射線科の全面的協力もあり、核医学検査全般や新生児期乳児期の排尿時膀胱尿道造影(VCG)の他院からの依頼も多くなっています。一方、学校検尿で異常が発見されるような元気で無症状な小児の検査・相談にものっており、経過観察している患児数も多いです。
なお、当院で出生した新生児の1カ月健診、および他院出生における乳児健診でも、全例に超音波検査を行い、腎尿路異常の有無を早期に発見し、問題児の経過観察も行っていることは特筆すべき点です。

その他に、不登校・小児心身症などに対し、心理カウンセリングを相当時間をかけて行っていることも当科の大きな特徴です。
小児科臨床医でかつ臨床心理士が実際に対応できる施設は、まだ多摩地域ではきわめて少なく貴重です。さらに、低身長や甲状腺疾患など、小児内分泌代謝的疾患や小児成人病(高脂血症・肥満・高血圧・糖尿病)にも十分専門的な対処ができ、アレルギー全般の相談も行っています。
肥満や高脂血症など、テーマによっては大規模民間企業付属研究施設とも共同研究を行っており、今までに学会発表(国内外)や論文化(和文・英文)の実績があることも当科のユニークな点でしょう。

入院は、一般小児科患者さんはすべて4階西棟にします。
呼吸管理を必要とする重症新生児の診療は行っておらず、都立小児総合医療センターがハイリスク新生児の搬送先施設となっています。
もちろん、新生児以外でも当院で対処が困難な場合には、さらなる専門医・専門施設への紹介が円滑に行われています。

外来は、月曜~金曜まで午前中は一般外来、午後は連日(救急以外は)特殊外来を行っています。
具体的には、個々の専門に応じた慢性疾患外来・1ケ月健診・乳児健診を各医師が担当し、月に1~2度、非常勤医による循環器外来・内分泌代謝外来・神経外来・腎臓外来を設置しています。毎週水曜日午後は、予防接種外来を行っています。
また、五月女友美子医師の心理カウンセリングの需要も多く、ほぼ連日午前午後行っています。
いずれの外来でも原則的にすべて予約制をとっており、予約は全くの初診患者さんでなければ電話でも可能ですし、変更も電話で出来ます。

診療実績

当科の認定施設など

専門医制度研修施設(日本小児科学会)

診療スタッフ

乳児聴力検査について

予約制ですので、下記まで予約申込みをお願いいたします。

◆お問い合わせ

042-551-1111(代表) 22番ブロック受付

午前中の電話は大変混み合います。なるべく午後1時から5時までの時間帯にお電話をくださいますようお願いいたします。

【受診日当日】

予約時間の10分前までに1番窓口へ健康保険証をご持参のうえ、お越しください。

※実施にあたり同意書にご記入いただきます。