外来診療・各部門のご案内

診療部 循環器内科

診療案内

外来診療では、急性慢性を問わず、循環器疾患全般の診断と治療を行っています。それらに合併したメタボリックシンドローム、脂質異常症、糖尿病、慢性腎臓病、睡眠時無呼吸症候群など、幅広い内科領域の診療にも携わっています。初診、再診ともに、月曜日から金曜日の午前中に診療、さらに火曜日と金曜日は午後も診療しています。特殊外来として、金曜日午後にペースメーカー外来を開設しています。
入院診療では、動脈硬化性疾患(虚血性心疾患、末梢動脈疾患)、心不全、弁膜症、心筋疾患、不整脈、高血圧、肺梗塞、静脈血栓症などの循環器疾患全般の急性期診断と治療を中心に行っています。心臓カテーテル検査・治療、閉塞性動脈硬化症(末梢動脈疾患)に対するカテーテル治療(PTA)は、水曜日および木曜日に行っています。入院期間は1泊2日~2泊3日です。徐脈性不整脈に対しては、ペースメーカー植込み術を月曜日に専門医が行っています。さらに、睡眠時無呼吸症候群の診断(full PSG)も行っています。

診療実績

当科の認定施設など

専門医研修施設(日本循環器学会)

診療スタッフ