公立福生病院について

院長挨拶 地域の中核病院として、安心・安全な質の高い医療を提供いたします。

松山 健

福生病院企業団企業長 兼

公立福生病院 院長

まつやま たけし

松山 健

おりしも世界全土で新型コロナウイルス感染症が猛威をふるっており、当院も連日行政の指導を受けながら緊張感を持って従事しています。1日も早い終息を願うばかりです。

 

さて、当院は2020年4月1日から地方公営企業法の一部適用から全部適用へと移行したことで、設置主体が「福生病院組合」から「福生病院企業団」へと変わりました。そこでこのたび、構成市町である福生市・羽村市・瑞穂町の全首長からのご推薦を受け、現院長の私が企業長を拝命し、院長も兼任することとなりました。

 

病院の医療体制自体に大きな変更はなく、また、2市1町で維持する公立病院であること、“誠実でハイレベルな二次医療機関になろう”というビジョンにも何ら変わりありません。ただし、この変更により従来よりもスピーデイな意思決定が可能になり、病院としての決定可能な範囲も広がったということは、当然責任も重くなるわけです。

 

今後医療環境的にも財政的にもきわめて厳しいタイミングでの船出ですが、この変更が当院を利用してくださる皆さまにとってもよい結果になるよう職員一同努力いたしますので、変わらずご支援くださるようお願いいたします。