公立福生病院について

院長挨拶 地域の中核病院として、安心・安全な質の高い医療を提供いたします。

松山 健

公立福生病院 院長

まつやま たけし

松山 健

少子超高齢化がますます進む日本の社会において、患者さんのニーズや健康に対する価値観も日々多様化してきております。

こうした状況のなか、当院では患者さんの立場に立って、病状や治療内容に関して、より丁寧でわかりやすい説明を行うよう心掛けています。また、院内各セクションにおいては学会・研究会・講習会などを通じ、日々進歩する医療知識をリアルタイムに患者さんに還元できるような環境を積極的に整えています。

当院は、今後も地域の中核病院として、住民の方々が安心して診療を受けられるよう、安全かつ良質な、お互いにここちよい医療の提供に努力していきます。

この“ホームページ”や病院から発信する“病院だより”、“連携だより”などを通じて、私たちの考え方や当院の現況をお伝えしていきたいと考えます。どうか皆さま方からもご意見・ご要望等お寄せ頂ければ幸いです。